薄鼠色のイルカ

アクセスカウンタ

zoom RSS 母親というもの

<<   作成日時 : 2008/01/20 23:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 1

お金がないのに本を10冊も買ってしまった。
古本だからと思い貪るように文庫本を9冊、絵本を1冊買った。
このままでは精神的にも病んでしまう、
どうせダラダラと1日1日を過ごすのだったら、少しでも読みたかった本を読んでいた方がいいと思った。
自室でコーヒーと煙草を片手に雨音が気になるからBGMもアトランダムに鳴らしながら読書。
昨日と合わせると5冊の本を読んだ事になる。
6冊目に手を掛けたのだがなんだか急に頭に入らなくなってきた。
元から頭はよくないのだが全くといっていいほど文章が頭に入らない。
文章を目で見流すだけになった。
こういうときは何をしても駄目なんだろうと思い諦めた。
―確かに私はその時全く違う事を考えていた。
ふと遠い昔を思い出していた。
私は私の母親が産気づいたところを見たことがない。
それ以前に私の母親がお腹が大きくなりえっちらおっちら歩く姿を見た事がないのだ。
私に兄弟はいるのだが母親はお腹が大きくなる前に産婦人科に入院していた。
母親が妊娠している記憶は必ず背景が病室なのだ。
父親が仕事から帰ってくると父親と二人で病院に母親を訪ねに行く、そんな記憶しかない。
―そんな事を思い出しているとき私もいつの間にか母親にされてしまうのだろうと思った。
私は子供が嫌いだ。嫌いと言うよりとても苦手と言った方がいいかもしれない。
昔から子供の泣き声が怖くて仕方がない。
何故だかはわからないが泣き声を聞くだけでかなり動揺してしまう。
それと同時に母親と言うものに対して全くいい印象がない。
周りの友人からは「いいお母さんになりそう」などと言われるが
正直私ほど母親になってはいけない人間はいないのではないかと思ってしまう。
この思いは高1の時から変っていない。
―だがある脚本を読んでから私は母親と言うものに憤りを感じた。
『私は小さい頃から母親と言うものを憎んでいた。それは誰でもない私自身の母親の事だったのだけれど、今にして思えば、母親と言う個人を憎んでいたのではなく、母親と言う立場そのものを憎んでいたのかもしれない。―私の母親に対する恐怖、それは母親と言う立場そのものの恐怖だったのだ。―母親になろうとしてなる人はめったにいませんよ。多くの人は、母親にされるのです。子供がいようといまいと関係なくね。―母親になろうとしている人がいるとすれば、それはきっととても不幸な人です。』
この世に男性と女性がいる限り母親と言うものは必ず存在しなければならない。
この科白が私が女性として生まれた以上、いつか母親にされてしまうと言う恐怖を与えた。
―子供がいなくても母親にされてしまう
昔は漠然とした恐怖だったが、その言葉の意味が年々少しずつ解りはじめてきた。
「子供を持つ母親」「子供を持たない母親」いずれにせよ私は母親にはなりたくない。
だがいつかは母親にされてしまうのだろう、そんな堂々巡りが続いている。
でもこの科白の意味が分ってきたからこそ、私は今も恋人を作らない。いや、作りたくない。
なるべく少しでも母親にはされたくないからだ。
それと同時に最近は違う事を思うようになった。
彼の子供だったら産んでもいいかもしれない。
彼にだったら母親にされてもいいかもしれない。
彼と私の間にはそれこそ親友程度の情しかないはずなのだ。
私が一方的に思っているだけなので彼にとっては迷惑な話だ。
愚の骨頂だ。
そんなことを思いながら今日は眠ろうと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
好きな女性を手に入れる方法
あなたがまだ、どうしても付き合いたいと思う女性にどう自分の気持ちを伝えればいいか分からない、そうお思いでしたら私に少しだけお時間をください。 ...続きを見る
恋愛発見,母親というもの
2008/01/21 14:48
自分が恋い焦がれる彼女と付き合いたい!そんな男性は必見です!
JUGEMテーマ:恋愛/結婚 ...続きを見る
恋愛の悩み解消マニュアル 〜片思い・告白...
2008/01/26 06:58
フェラガモ 靴
母親というもの 薄鼠色のイルカ/ウェブリブログ ...続きを見る
フェラガモ 靴
2013/07/04 02:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
友達はみんなカレシと一緒でかまってくれません…アタシと遊んでくれる人メール下さい☆ a.a-mai@docomo.ne.jp
りおな
2009/06/21 17:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
母親というもの 薄鼠色のイルカ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる